ひざの痛み解消ナビ >  変形性ひざ関節症 >  変形性ひざ関節症が発症しやすい人とは?

変形性ひざ関節症が発症しやすい人とは?

変形性ひざ関節症が発症しやすい人とは?

変形性ひざ関節症は、発症原因を特定できないケースが非常に多いの
ですが、患者さんの性別や年齢、体型、体質などを調べていくと、
ある程度、共通した傾向がわかります。

この傾向は、変形性ひざ関節症を考えるうえで大きなポイントに
なります。
まず、性別と年齢についてですが、この病気には、女性に圧倒的に多い
という特徴があります。

この理由については、ホルモン作用の違いや筋肉量、筋力の違いなどが
指摘されていますが、まだはっきりと解明されてはいません。

女性の場合、40代までの発症は少なく、大半は50代を過ぎてから
症状が現れ始め、年齢が上がるにしたがって数が増えていきます。
特に50代での増加が目立ちます。

一方、男性にこの症状が増えはじめる年齢は、女性よりも10年ほど遅く、
60代の前半から後半に移るときの増加率が大きくなっています。
年齢が上がるにつれ数が増える点は女性と同じです。

次に発症しやすい体型という点では、明らかに肥満が関係していると
考えられます。

これは、体重が増えれば増えるほど、ひざにかかる負担が増し、当然、
関節軟骨の摩耗が早くなるからです。

また、もともとO脚である人も、関節に偏った力が加わっているわけ
ですから、やはり摩耗しやすくなります。

そして女性は、更年期を迎えるとホルモンバランスの変化にともなって、
脂肪がつきやすくなります。
これは、変形性ひざ関節症が50代以降の女性に多いということ
の一つの要因であると考えられます。
さらに、因果関係は定かではありませんが、手の指の第一関節が節くれ
だった人に症状があらわれやすいようです。

この関節の変化は、専門的には「ヘバーデン結節」といい、
40代から50代の女性に多くみられる現象です。
また、関節がすりへるのは、骨粗しょう症によって骨自体がもろくなって
いるからではないか、と考える方もいるかと思います。

しかし、骨粗しょう症との関連はなく、むしろ骨粗しょう症の人には、
変形性ひざ関節症は少ないという傾向があります。

そんな人にお勧めなのが、グルコサミンやコンドロイチンです。
これらの成分が一時的に軟骨の代わりのような役割を果たしてくれることで
膝の痛みをやわらげてくれる効果があります。


小林製薬のグルコサミン&コラーゲン
2362円 送料無料!
1日の必要摂取量1500mlを上回る1760mlのグルコサミンを配合(1日分)
コラーゲンの吸収を助けるビタミンCもしっかり配合
製薬会社ならでは無添加サプリメント、栄養成分・品質管理

→詳細はこ ちらから♪
グルコサミンEX
4410円 3150円以上ご購入で送料無料
グルコサミン1500mgに増量
コンドロイチン・Ⅱ型コラーゲン・西洋ヤナギエキスの成分プラス
Asahiの品質で安心・安全!!
→詳細はこ ちらから♪ グルコサミンEX
美健知箋活グルコサミン&コンドロイチン
2000円 初回限定キャンペーン 送料無料 
グルコサミンの3倍のパワーを発揮するN-アセチルグルコミサン
軟骨成分+独自の成分配合
1日たったの4粒
佐藤製薬グループの品質・安全

→詳細はこ ちらから♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hopegrow.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/463

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

変形性ひざ関節症

関連エントリー

変形性ひざ関節症とは 変形性ひざ関節症が発症しやすい人とは?


更新履歴